FC2ブログ

多頭飼育崩壊現場進捗4 湧いてくる猫

09-11,2019

公式WEBサイトへ

tato2.jpg


こちらの記事の続きです。



誰に責任があるのか



いまさら


190911-1.jpg


どうしようもなく


190911-2.jpg


遺棄されたり、保護されたりした

"かわいそうな猫"を

もらったり、ひろったりして

飼い始めて


190911-3.jpg


最初は、きっと毎日が楽しくて幸せだったはず


190911-4.jpg


ところが―




猫は多産だから

あっという間に増える


190911-5.jpg


"猫ブーム"の裏には同じ数だけ

こういった現実もあって



190911-6.jpg


これから先、増えるだろうこういう現場


190911-7.jpg


猫だけが唯一自分から

"人に近寄ってきた家畜"と聞いたことがある

牧場でネズミを追い払う代わりにミルクをもらったり

穀物を食べるネズミを捕食したりして

それで、人が近くに暮らすことを許した唯一の

人が拒まなかった家畜


190911-8.jpg


猫には昨日や明日という概念はなく

先のことなんて、何にもわからないんだから

今このときだけを生きているから

少しでも、できる限り、その助けをしてやりたい









引き続き、ご寄付やボランティア活動のお手伝いをお願いしますが
一時保護ボランティアさん・引き取ってくださる里親さんも募集します。
搬送ならできます、といったサポーターさんも募集しています。
どうぞよろしくお願いいたします。


コメント覧は閉じていますので
ノーモアアーリーキャッツ公式WEBサイトのメールフォームよりお問い合わせください。








*Mさんのご要望で、住所や住宅が特定されるような写真はUPしません。

K




スポンサーサイト