FC2ブログ

中か、外か。

今週で9月も終了。この調子であっという間に一年が経つのでしょう。
そして寒くなると、お外の猫たちが、一気に可哀そうに見えてくるのも事実。
暖かいお部屋に。。。とついつい思いがちなのですが、
お外で過ごしてきた子や、人慣れしていない子を無理やり連れて行ってしまうことは、果たして「良いことをしている」と言えるのでしょうか。

地域猫活動における「保護する」という選択肢を選ぶことは、依頼者さんが保護を希望しない限り、ありません。
その場所の状況で判断することがまず第一でもありますが、猫にとって何が一番その子の生き方に合っているのかということを大事に考えます。
去勢不妊手術が済み、近所に迷惑をかけておらず、糞問題への対策もしている、餌をあげて面倒をみてくれる人がいる、居住地周辺で理解されている、などの条件がそろっている場合は、「地域猫」としての生き方が適しているのではないかと思うのです。

室内に入れさえすれば幸せなのでしょうか? 人間の考え重視でいくと、事故もないし幸せにきまっている。と思いがちですが、
慣れていない子を室内に保護し、家庭内野良のままストレスを与え続けることは病気を発症させたり、その子が願っていない生かせ方を強いているという様に思うのです。それはもう人為的に死なせてしまうことにもつながるかもしれません。

室内が適している子、室内ではストレスを感じる子、他の猫と一緒にいられない子、他の猫も好きな子、人が好きな子、
その子、その子で全部違います。猫はウサギに次いでストレスに弱い動物です。
保護をご希望される方は、もう一度、自分の家はその猫を保護するにあたり、適しているのかどうなのかということを考えてください。すでに2匹以上の多頭飼育なのか、小さなお子さんがいるのか、衛生面はどうなのか、アレルギーはないのか、、

そういった相談をここ最近受けましたので、こちらにも書かせていただきました。

さて、お知らせがございます。
IMG_8636.jpg
猫食同源5 が甲府駅北口ペデストリアンデッキにて開催されます。何度覚えても、「ペデストリアンデッキ」と言えません(書くこともできません)。テーマは「猫のおくりもの」です。
猫食同源は、当団体の地域猫活動推進、TNR活動を支援してくださっております。
是非ご来場くださいませ。

地域猫のハッチです
IMG_8750.jpg
ハチワレの女の子です。TNRしようと捕獲したらすでに不妊手術済の子でした。誰かに飼われていたのか、それともTNRされた子なのか、、、。発見当時よりだいぶ毛並みもよくなり、目のただれも改善しました。冬に向けてむくむくしてきています。
カラスを見つけたようで、ハントの表情に激変!

地域猫グレコです
IMG_8874.jpg
いつも面白顔でかましてくれます。グレコは他の猫が嫌いではない子で、人も好き。
見つけた時はガリガリで風邪をひいていましたが、ムチムチして毛艶もよくなり、健康になりました。

皆様も季節の変わり目、体調を崩しがちですが
どうぞご自愛くださいませ。



スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

アーリーさん

Author:アーリーさん
飼い主のいない猫のTNR・地域猫活動をしている笛吹市のボランティアグループのメンバーが入れ替わり書いています!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
プロフィール

アーリーさん

Author:アーリーさん
飼い主のいない猫のTNR・地域猫活動をしている笛吹市のボランティアグループのメンバーが入れ替わり書いています!

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR