FC2ブログ

出張手術1回目番外編

01-11,2020

公式WEBサイトへこのアイコンより公式WEBサイトへ飛びます。

出張手術が終わった次の日

引き取りにいらっしゃる依頼者さんに

無事猫たちを戻すことができほっとしました。

中には、トラばさみで後ろ足を無くした子を

引き取る方もいたりして全頭が地域に戻るわけではなかったのですが

少なくともこの子たちは、

妊娠出産のリスクから逃れることができる、と安心できました。

200111_0.jpg

そしてここは、今回一番頭数の多かった17頭の現場。

200111_1.jpg

この記事の現場です。

>>おじいちゃんと猫たちいっぱい

200111_2.jpg

代表とふたりで、NHKのTディレクターに同行してもらいリリース。

猫たち、大騒ぎです。


代「アイドリングってやつだよね( ´∀` )」


順番に捕獲器を開けるとすごい勢いで飛び出しました。

200111_3.jpg

「二度と来んな!ばーか!o(`ω´ )o」

200111_4.jpg

「じーちゃんに言いつけるからな!ヽ(`ω´*)ノ彡☆」

200111_5.jpg

ときっと言ってたんだと思います(^-^)

200111_6.jpg

おじいちゃんのほかにも、

200111_7.jpg

餌やりさんが2名、現場に立ち会ってくださいました。

200111_8.jpg



そして、視察の際

191206_9.jpg

おじいちゃんに大事にされていたこの子ですが

191206_21.jpg


年末、K獣医と代表がこの場所に行った際、

元気がなく急逝したそうです。

交通事故や毒など人為的な原因ではないとのことです。

最期はおじいちゃんと一緒にいられて、何よりでした。

冬とは思えないあたたかい日の午後…

200111_11.jpg

冥福を祈りました。

合掌。







年末の掃除から張り切っていたメンバーAさん。

「毛刈りでも耳カットでもなんでもやりますよw」と宣言していたとおり、手際よい助手さんでした。

お母さんまでお手伝いに連れてきたメンバーMさん。

お昼のほうとうに親子で七味かけすぎ(笑)食べ物の好みって似るのですね。

B型のメンバーOさん、丁寧なお仕事でした。

細かいことに気の利くメンバーHさん。事務能力がすばらしかったです。

全体を見渡す代表はやはりふだんの鍛錬どおりの仕事でした。

私、Kは器具洗うだけだったのですが

最初先生がおっしゃった

「あんまり汚れないからね」のとおり

血もついていなくて、驚きました。

たまーに「皮?」と思える物体がほんのちょっとついてくるだけでした。

次回も定位置でいいかなあ。

記念撮影するつもりだったのに、少しずつメンバーが帰ったあとで気づき

5人しか映っていませんが、これにあと6人プラスです。

次回は絶対忘れず撮ります!

200111_12.jpg







ご寄付やボランティア活動のお手伝いをお願いしますが
イベント参加時のご協力、一時保護ボランティアさん・引き取ってくださる里親さんも募集します。
搬送ならできます、といったサポーターさんも募集しています。

>>公式WEBサイトよりお尋ねください。

そして、物資もいつもぎりぎりです。
>>Amazonより直接送っていただけます。
どうぞよろしくお願いいたします。


コメント覧は閉じています。

お問い合わせ等は、>>公式WEBサイト
よりお願いいたします。



K

スポンサーサイト