FC2ブログ

2064という数字

12-23,2019

公式WEBサイトへ

2 0 6 4

という数字が22日に環境省より発表されました。

191223_1.jpg


犬や猫などの「多頭飼育」で、

昨年度、全国の自治体に寄せられた苦情が

少なくともおよそ2000件にのぼることが環境省のまとめで分かりました。


というもの。


私たちは、猫に限っての活動をしているため

犬と猫の頭数の割合がつかめないのですが

半分が猫と少なく見積もったとしてもかなりの件数ということになります。

しかも、これは苦情という形で発覚した数字にすぎません。

191223_4.jpg


その背後にどれだけの頭数の猫が隠れているのか…

苦情を出されない状態ではどれだけいるのか…

191223_2.jpg


おそらく多くはとても"幸せな猫"とは言えない状況ではないでしょうか。

以下、このように続いています。

「多頭飼育」の中には犬や猫などを無計画に繁殖し、

悪臭や騒音で周囲とトラブルになったり動物虐待につながったりする

「多頭飼育崩壊」と呼ばれる問題が各地で指摘されています。

環境省は問題の背景と対応策を検討するため、

都道府県や政令市など全国の125の自治体を対象に初めてアンケートを行い、

専門家を交えた検討会で結果を報告しました。

それによりますと、昨年度1年間に「多頭飼育」をめぐって

住民から寄せられた苦情は少なくとも2064件にのぼりました。

飼い主の生活が困窮しているケースが53%を占め、

「増えすぎた動物の引き取りや去勢手術の手数料を払えない」

という課題を感じている自治体が多いことが分かりました。

また、動物への虐待の可能性を尋ねたところ、

「不自然な外傷がある」ケースは1%ほどでしたが、

「動物のけがや病気に無関心」な飼い主が20%余りいたということです。

環境省はアンケートの結果をさらに分析するとともに、

個別事例や自治体の取り組みを把握したうえで、

飼い主への対応や地域や民間団体との連携の在り方を示した

ガイドラインを策定することにしています。


深刻すぎて非常に頭が痛いです。

191223_5.jpg


*このページ内の写真は記事とは関係ありません。

*写真は猫写真家すぎにゃんよりお借りしています。



引き続き、ご寄付やボランティア活動のお手伝いをお願いしますが
イベント参加時のご協力、一時保護ボランティアさん・引き取ってくださる里親さんも募集します。
搬送ならできます、といったサポーターさんも募集しています。

そして、物資もいつもぎりぎりです。

Amazonより直接送っていただけます>>

どうぞよろしくお願いいたします。


コメント覧は閉じています。




K
スポンサーサイト