FC2ブログ

いくつか報告

12-19,2019

公式WEBサイトへ

年末から、そのまま年始へとTNR依頼が舞い込んでいますが、ちょっと一息。


こちらの記事、スズリちゃんの選択>> に登場した、

「ついでに手術と治療」のキングちゃん♂の様子です。

191219_k1.jpg


もともと、依頼者さんは

「キングは口内炎かも」

「スズリより人馴れしている」とおっしゃっていたので

191219_k2.jpg

もしや、と思っていたのですが、

191219_k3.jpg

やはりエイズキャリアだったようで、

依頼者さんのお宅には帰らず、今はこのように、

あるボランティアさんのところでのんびりさせてもらっています。

191219_k4.jpg

長い毛、梳いてもらって気持ちよさそう。

(*^_^*)



一方、スズリちゃんは、依頼者Aさん宅のケージの中。

191219_s1.jpg

スズリちゃん、最初TNRの依頼がきたときは、

テラスのおうちで冬を越してもらうつもりが

Aさん、捕獲前日

「昼過ぎにキングに追い掛けられて、朝からご飯も貰えてないのに、
夕方健気に戻って来てくれて、こんな目で見つめられてしまい、
地域猫になってからのすずりがいつか家に入りたがったら、
その時に迎え入れようと思っていましたが、
今日がこんな寒い日って事もあり、術後の傷付いた体と心のすずりが外で生きられるのか、
涙が止まらなくなってしまいました。術後、耳を切らずに、家猫になってもらおうと思います。」と

「ごはんください」

191219_s2.jpg

”心変わり”されて…今は飼い猫修行中。


「まだかにゃ?」

191219_s3.jpg

「おいしかったにゃ」

191219_s4.jpg

まだシャーも言うし、夜中はケージから出たがって鳴くそうですが

人との距離感はともかく、お互いの信頼が深まれば、

おうちの生活に慣れてくれるでしょう。

(´ω`人)




こちら、ふーちゃん。

ふしぎちゃんのこと>>

191219_f.jpg


夏は涼しい長野の別荘で過ごし、

今はヒーターの前を占領するようになって

こんなに美人さんになりました。

もともと美人さんでしたけど、触れないときにも

無理に洗ったり、毛づくろいしたりしなかった里親さんの気長に待つ気持ちが通じたのでしょう。

(´∀`*) よかったよかった。




そして、今、預かりボラさん宅ですくすく育っているこの子たち4頭。

191219_a3.jpg

つかまらないお母さん猫は、月末か来月TNR予定ですが、

191219_a2.jpg

この子たちには幸せをつかんであげたいです。

191219_a1.jpg




人と同じく生身でそれぞれ個性ある猫たちですから、

いろいろな猫なりの"考え方"もあって、あるパターンには収まってくれません。

出会った猫全員を、できたら家の中など人の管理の行き届くところへ入れてあげたいのが人情ってものですが
それはなかなか難しく、それで過渡的な措置として地域猫という考え方・解決策があります。
さくら猫たちが"耳カットのあるただの野良猫"ではなく、しっかり身分保障されるよう、
行政にも地域猫活動を推進してもらえるよう
私たちボランティアも猫たちと一緒にがんばります。





引き続き、ご寄付やボランティア活動のお手伝いをお願いしますが
イベント参加時のご協力、一時保護ボランティアさん・引き取ってくださる里親さんも募集します。
搬送ならできます、といったサポーターさんも募集しています。

そして、物資もいつもぎりぎりです。

Amazonより直接送っていただけます>>

どうぞよろしくお願いいたします。


コメント覧は閉じています。




K
スポンサーサイト