FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山梨県動物愛護推進員

今期、山梨県の動物愛護推進員に、ボランティアから5名が応募し、
委嘱されました。
IMG_4431.jpg

管轄保健所はいくつかありますが、峡東保健所と中北保健所に所属しています。
お手伝いができることが積極的に協力してまります。
8日の委嘱式と研修会に、日本動物愛護協会の会田先生がいらっしゃいました。ヤマザキ学園のあの、会田先生です。
クローズアップ現代で、多頭飼育崩壊についてコメントしていた会田先生にお会いでき、感激でした。
一般質問の際に、
地域猫活動を進めるコツ(地域住民との合意の形成)の質問をさせていただいた際に、

行政がそこに立ち会うか立ち会わないかで、絶対に違うので、
各管轄保健所の担当に話して、積極的に立ち会ってもらいましょう!


と。
先日、三者協働はできない、ボランティアと一緒の場所に立ち会えないといった保健所の方に聞いてほしかったです。
三者協働は絶対条件なんだと、確信しました。
お話の中で、磯子の黒澤さんが地域猫を始めたエピソードも会田先生からお聞きでき、非常に身になった一日でした。



それから、笛吹市の地域振興助成金で、
ケージや、キャリー、捕獲器を追加購入させていただきました。
本当に助かります。ありがとうございます。
IMG_4432.jpg

IMG_4443.jpg
購入した捕獲器やキャリーなどは、笛吹市における地域猫活動の際に地域の皆様に貸出できますので、
必要の方はお声掛けください。

それから、、
無責任な餌やりさんのいる場所に、設置する看板にも変化がありました。
こちら
かんばん
それぞれの市の環境課にあるそうで、相談すると一緒に設置ができますとのこと。
もし、市に在庫がない場合は、山梨県庁薬務課にあるそうですので、市を通じて取り寄せ可能とのことです。
困っている場所があれば、是非設置をご検討していただければと思います。

各所で地域猫活動、進んでいます。
IMG_4649.jpg
IMG_4648.jpg
IMG_4647.jpg
IMG_4646.jpg
IMG_4645.jpg
IMG_4644.jpg
IMG_4643.jpg
IMG_4642.jpg
IMG_4640.jpg
IMG_4639.jpg

なんでまあこんなに猫がいるのでしょうね~。。。
地球温暖化の影響と、餌の栄養も高くなったこととで、
猫はずっとシーズン(発情)中です。
今週末、来週末と大がかりな捕獲があります。無事に終了しますように。


今朝は、早朝から去勢手術に立ち会わせていただきました。先生、ありがとうございました。
耳カットの工夫もしっかりされていて、勉強になりました。
IMG_4612.jpg


暑い日が続きますね。
猫ちゃんも早朝でしか活動してません~~
スポンサーサイト

協働の意味

「協働」:複数の主体が、何らかの目標を共有し、ともに力を合わせて活動することをいう。コラボレーション、パートナーシップとも。
Wikipediaより。

個人で問題を抱えている方、複数の住民が悩んでいる場所、企業で悩んでいる場所、公園、県有地、私有地など
いろいろです。
私たちの考えている「地域猫活動」における三者協働は

1.(メイン)地域住民、地域自治会
2.(コーディネート)行政
3.(アドバイザー)ボランティア

です。これは、私たちの独自の考えではなく、今や地域猫対策をしている県、市町村では当たり前のことです。

悩んでいる地域の方、自治会の役員の方が、相談し、助成金などのサポートなどを受けれるのは行政です。
しかし、行政には地域猫のノウハウはありません。捕獲も手術のサポートも、リリース後の対応も、アドバイザーとしてボランティア頼みになるのは明らかです。そうでないと、いきなり地域の方へ、「こういう対策ありますよ、やってみてはどうですか?」と言ったってなかなかできることではありません。
さらに、地域での問題は、猫が嫌いな人もいるということを忘れてはいけません。
そこを置き去りにしてはいけないのです。

地域猫活動は、猫のために行う活動ではありません。
人と人とのトラブルの中に入り、猫が好きな人も、嫌いな人もいる地域の中で、
人にも動物にも住みよい環境、町作りをすることが地域猫活動なんです。

その活動の中で、重要なのは聞き込みです。問題を抱えている地域の方に苦情の内容、猫の様子など、足を使ってたくさんたくさん聞きます。そしてやっと方向性が見えてくるので、その地域を管理している自治会さんにお話しをさせていただくのです。

その流れの中に、行政が巻き込まれない限り、行政が自ら入ってはきません。
でも、県で決めたのであれば、そうであるならば、問題を解決する一員なんだと、自信満々で巻き込まれてほしいなぁと思うんです。
自治会とボランティアで決まったことなので、行政はわざわざ入りませんというのは残念だなあと、思うのです。
積極的に関与してこないと、実績を積むこともできないし、広報にもなりません。

広報しなければ、県民の方は「地域猫対策」があるということ知らないままですし、定着浸透していきません。
まだまだ課題は山積みですが、一歩一歩地道に前に進むことが私たちの活動のひとつだと思っています。

私たちが地域の方へ配布してもらうチラシはこのような内容です。
IMG_4280.jpg

地域猫対策を愛護活動と勘違いしている方も多いので、「地域でおきている環境問題です」と、地域の方には何度も説明します。
山梨県の「ねこの適正飼養ガイドライン」にもp10~地域猫についてのガイドラインが書かれていますので、図を用いて説明もします。さらに、地域猫対策は、その活動をアドバイスするボランティアさんがどれだけ勉強しているも重要です。
自分たちの都合の良いやり方で地域猫をしていると、必ず失敗します。

では、協働の第一歩としてできることを。
ということで、昨日は薬務課さんに「山梨県の地域猫対策のチラシの作成」を要望してまいりました。
今、インターネットでも「地域猫 チラシ」と検索すると、画像でたくさん出てきますが、
なんと、保健所や薬務課が作成しているものがほとんどです。
まさにそういうものをお願いしたい!!と熱く要望してきました。
すごく、楽しみです。


さて、先週に引き続き、山梨県庁です。
IMG_4285.jpg

暑いので、日中はおのおの、涼しい木陰などで休んでるみたいです。
ということで、平和通りに面した西門に猫がズラーと並ぶ姿があまり見られなくなりました。
猫の姿が見られないとなると、いままで通行しながら餌をバラまいていた人も減ります。
そういう人はわざわざ中に入ってきてまで餌を与えることをしません。
餌のバラまきがなくなると、環境美化にも景観にも配慮でき、臭いや虫の原因もなくなります。

オープンガーデン内に設置した猫トイレも改良が必要とのことで、本日一度撤去となりました。
場所を変えて、新設します。
トイレやお掃除のお世話になど、管財課さんが頑張ってくださってました~。
でも、猫に逃げられてました~w
一番お世話してるのにね・・・苦笑


さあ、7月のTNR活動もすでに1日からスタートしています。 
動物基金の無料チケットを使って、飼い主のいない猫たちの手術。
IMG_4303.jpg

IMG_4304.jpg

来週、再来週、多頭の現場が待ってます。
雨降らないといいなあ。
ありがたいことに、笛吹市地域振興助成金で捕獲器を10台追加することができました。
IMG_4301.jpg
今からプレートつけます。



うちの問題児も毛皮が暑いようです
IMG_4208.jpg
猫ちゃんだけがお留守番しているお家では、洗面所のドアを開けておくと涼しいそうです。
なので、我が家もお風呂場と脱衣所を開放して、お水もそこへ置いています。

プロフィール

アーリーさん

Author:アーリーさん
飼い主のいない猫のTNR・地域猫活動をしている笛吹市のボランティアグループのメンバーが入れ替わり書いています!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
プロフィール

アーリーさん

Author:アーリーさん
飼い主のいない猫のTNR・地域猫活動をしている笛吹市のボランティアグループのメンバーが入れ替わり書いています!

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。