FC2ブログ

南部の猫たち2_搬送

02-23,2020

公式WEBサイトへこのアイコンより公式WEBサイトへ飛びます。





南部町の子たち、搬送です。


搬送ボラさんにお手伝いいただき、車2台で現場へ出向きます。


午後雨になりそうです。

20020222_1.jpg


けっこうな数です!

20020222_2.jpg


どこぞの島のよう\(^o^)/

20020222_3.jpg




「捕獲器、足りない~」

えー

「(;_;)わかりました。届けます」

なんてやりとりは常。

猫って想像している数の、きっと1.5から2倍はいますね。



こちら、手術場所「アーリーホーム」も

20020222_4.jpg


猫たちを迎える準備。


20020222_5.jpg


ここで3泊してもらいますから

明け方の冷え対策で断熱材を貼ります。


20020222_6.jpg


床の養生も全部貼り換え。


20020222_7.jpg


執刀してくださる先生も奔走して準備してくださっていて

(*・`ω´・)ゞ

今回は先生、おひとりだし、しかも

代表は東京譲渡会へ…準備は万端にせねば。





でも、急に決まった今回2度目の出張手術も

メンバー皆なんか余裕?すらあるみたいで

1頭でも多く、妊娠出産のリスクを負わせたくない

という気持ちが強くなってきています。

20020222_8.jpg


搬送後の子たちは、すべて1頭1頭チェックし


20020222_9.jpg


具合の悪そうな子は記録し、術中に診ていただき


20020222_10.jpg


治療とワクチン接種と同時に施します。


20020222_11.jpg




そして、今回の手術

南部町以外の地域からも14頭きます。

全部で75頭。

(;゜0゜)


2日間での手術です。


3月1日も、3回目出張手術、です…果てしない…


*手術の見学は、お断りしています。




搬送にご協力いただける方、

手術時のお手伝い

イベント参加時のスタッフ

チャリティグッズを制作してくださる方

預かりボランティアさん等を募集しています。



>>公式WEBサイトよりお尋ねください。

そして、物資もいつもぎりぎりです。
>>Amazonより直接送っていただけます。
どうぞよろしくお願いいたします。


コメント覧は閉じています。

お問い合わせ等は、>>公式WEBサイト
よりお願いいたします。



K
スポンサーサイト



南部の猫たち1_視察

02-23,2020

公式WEBサイトへこのアイコンより公式WEBサイトへ飛びます。




南部町からの依頼案件です。

20200219_1.jpg


昨年8月にも入った南部町ですが

20200219_2.jpg


とにかく、頭数がハンパなくて…

20200219_4.jpg


事前調査に行ってきました。

20200219_5.jpg


南部町は盆地より暖かいからか、山に2・300百頭?いるらしく

20200219_6.jpg


県境またいで山に遺棄された子たちもいるとのこと 

20200219_7.jpg

( ノД`)


20200219_8.jpg


きっと、山なのか人里なのか境目もないのでしょう。

20200219_9.jpg


まずは、人からごはんをもらっている

20200219_10.jpg


ここの子たちをまずは約40頭、TNR対象とします。

(実際運ばれた子たちは61頭!でした)

20200219_11.jpg


あれ?

20200219_12.jpg


何かいる?拡大します。

20200219_13.jpg

たぬき?野生のたぬき?

(=゚ω゚)ノ


そりゃいるでしょうねぇ。

街中にアライグマが出没するんだもの。

20200219_14.jpg


そうすると、疥癬が心配。

20200219_15.jpg


群れている子たっちからちょっと離れた場所にも

20200219_16.jpg


います。

20200219_17.jpg




私たちの"アーリーホーム"での手術となります。


最初は、15・6頭?

のはずだったのに(。´・(ェ)・)







そして、南部町は、

”どうぶつ基金 無料チケット 行政枠"

申請をすることが決まりました。

担当の方が頑張ってくださったおかげです。

ありがとうございます!














搬送にご協力いただける方、

手術時のお手伝い

イベント参加時のスタッフ

チャリティグッズを制作してくださる方

預かりボランティアさん等を募集しています。



>>公式WEBサイトよりお尋ねください。

そして、物資もいつもぎりぎりです。
>>Amazonより直接送っていただけます。
どうぞよろしくお願いいたします。


コメント覧は閉じています。

お問い合わせ等は、>>公式WEBサイト
よりお願いいたします。



K

とりもち被害者と27頭TNR

02-15,2020

公式WEBサイトへこのアイコンより公式WEBサイトへ飛びます。

今回の記事は、本来ならイケメンの黒猫くんから。



ちょっと際どい画像ですよ。


20200215_28.jpg

発見されたときにはこんな状態でした。

近隣のほかの子たちと一緒にTNR対象の子で

20200215_29.jpg

最初、写真をLINEで見たメンバーは

「油かな」

「高齢?」

「皮膚病?」

とか、ぼさぼさだからボサくんと呼んで、

みんなで心配していたのですが

なんとか捕獲できてよかったです。


20200215_30.jpg

手術と一緒に

獣医さんのところで、シャンプーしてもらいました。

20200215_31.jpg


べたべたして気持ちわるかったと思います。

毛が生えそろうまで1か月以上かかるでしょう。




おそらく「とりもち」被害者だということです。

なんだかなぁ、です。


20200215_32.jpg

「おうち」に戻ったボサくん。

安心の表情です。

そしてこのボサくん、"陰睾"でした。

*この写真は、支援者nanaさんからお借りしました。



さて、



20200215_1.jpg


27頭、猫ぎゅうぎゅうに入っています

(゚△゚;ノ)ノ

20200215_2.jpg

暖冬が猫の発情にどう影響するのか調査もできません。

20200215_3.jpg

本当に、猫に聞きたい!です。

20200215_4.jpg

今回は、甲州市塩山2か所、

20200215_5.jpg

甲州市大和1か所、

20200215_7.jpg

中巨摩郡1か所、

20200215_8.jpg

計4か所の猫たちのTNRが済みました。

20200215_9.jpg

一宮で集合し、メンバー4人で

20200215_10.jpg

それぞれの現場に向かいます。

20200215_11.jpg

相変わらず、時間も手もぎりぎり

(´。・ωq)(pω・。`)

20200215_12.jpg

スマホ画面見ながらの搬送です。

20200215_13.jpg

「もうS原を出ます?」

20200215_14.jpg

「今出ます!」

20200215_15.jpg

「〇〇猫、堕胎です。亡骸をもってきてます。」

20200215_16.jpg

「一宮、何時ころかな。」

20200215_17.jpg

「19時44  三 ;゚Д゚)」

20200215_18.jpg

「了解しました!気をつけて帰ってきてね(´・Д・)」」

20200215_19.jpg

「安全運転で!」

20200215_20.jpg

「大渋滞。。」

20200215_21.jpg

「塩山の〇〇さんがリリース手伝ってくれます。」

20200215_22.jpg

「猫たちのごはんを用意してくれるそうなので」

20200215_23.jpg

「到着前に電話してくれるとありがたいです。」

20200215_24.jpg

「写真は?」

20200215_25.jpg

「済んでます。」

20200215_26.jpg

「19:44より遅くなるよね。」




そんな会話をしながら、さくら猫になった子たちを

20200215_37.jpg

夜景きれいだな…なんてつぶやきながら運びます。



一頭一頭の生涯が、可能な限り

明日も明後日も

幸せでありますように…(^-^)





そして、ボサくんの写真をお貸しくださった支援者さんも

20200215_33.jpg

この子をおひとりでTNRしてくださいました。

20200215_34.jpg

↓戻ってきてほっとしているナワくん。

20200215_35.jpg

ほら、さくら耳(*^_^*)

20200215_36.jpg




私たちメンバーだけで、さくら猫の生涯を見守ることは不可能です。

どうぞ、地域に戻ったこの子たちを、よろしくお願いします。






県外への搬送にご協力いただける方、

搬送・手術時のサポーターさん

ご寄付、イベント参加時のご協力

イベント出店時のチャリティグッズを制作してくださる方

預かりボランティアさん等を募集しています。



>>公式WEBサイトよりお尋ねください。

そして、物資もいつもぎりぎりです。
>>Amazonより直接送っていただけます。
どうぞよろしくお願いいたします。


コメント覧は閉じています。

お問い合わせ等は、>>公式WEBサイト
よりお願いいたします。



K







スズリちゃんその後

02-03,2020

公式WEBサイトへこのアイコンより公式WEBサイトへ飛びます。

1日のうち寒暖差はありますが、暖冬傾向のせいですね、

このところ、難しい案件が続々と入ってきています。



ところで…


たまに、”耳カットなしでお願いしたい”

という依頼者さんがいらっしゃるのですが

耳カットしておいてよかったという事例もあります。


昨年12月半ば、依頼者さんの>>家の中に入ったスズリちゃんですが

約1か月半、おうちの中にもだんだん慣れてきたのに

脱走(笑)



依頼者さんの願いも虚しく、と言うべきかもですが

本人は「ついうっかり」外へ出られてしまったようです。





20200202_1.jpg


↓推測w

Aさん「あ、スズリ! 帰ってきた

。゚(゚´Д`゚)゚。」




20200202_2.jpg


↓推測w

「おいしい? いっぱい食べて」


20200202_3.jpg


「どこで寝てるの?」


20200202_4.jpg


「寒くないの?」


20200202_5.jpg


「おうちに入ればいいのに泣」


20200202_6.jpg


「また行っちゃうの?」


20200202_7.jpg



「スズリ~」


20200202_8.jpg


「スズリ~」


20200202_9.jpg


(;_;)


20200202_10.jpg


「待ってるからねー」



スズリちゃんは、依頼者さんがどんなに工夫しても

トイレを使ってくれない…ということです。


外で暮らす子たちの、

一番の苦情である”糞尿被害”を軽減するためにも

私たちも研究が必要だと思います。


20200202_11.jpg




初雪の日



20200202_12.jpg




スズリちゃんは来ているようでした。






今は、「自分で見つけた」依頼者さん宅の物置で寝ているようです。

もちろん、あたたかいベッドを用意してもらっています。


「スズリのその後は世の中に知らせてあげてください。

「耳カットのこと、たくさんの方に知ってもらいたいです。」

「スズリの使命かもしれませんね」










ご寄付、イベント参加時のご協力、預かりボランティアさん

搬送・手術時のサポーターさん等を募集しています。

>>公式WEBサイトよりお尋ねください。

そして、物資もいつもぎりぎりです。
>>Amazonより直接送っていただけます。
どうぞよろしくお願いいたします。


コメント覧は閉じています。

お問い合わせ等は、>>公式WEBサイト
よりお願いいたします。



K







タバニャンたち

02-01,2020

公式WEBサイトへこのアイコンより公式WEBサイトへ飛びます。



一度出会った猫たちとは関係が切れることはなく


盆地は快晴で小春日和なのに、さすが丹波山



「アイスバーンでスリップし、雪に激突」((((;゚Д゚)))))))



20200131_4.jpg


しながらも"タバニャン"たちのために行かねば…






こちらの記事、>>丹波山終了か? の続き。


温泉のお客さんたちから何やら食べ物をもらい、

夜になると河原に戻って寝ていたという


聞くも涙(っω・`。)


語るも涙(つω-`。)


な お母さんとこどもたち。


今も元気だそうで。




20200131_7.jpg

保護色 笑





みんな丸々、ふくふくと (つД`)


20200131_5.jpg




餌やりさんたち、周りの方たちの愛情のおかげです。



20200131_13.jpg


1週間近く、飲まず食わずでやっと捕獲、手術した


つわもののお母さんがどうやら怪我らしい


右手をついていないという情報が…


心配です。


状況はまだよくわかりませんが、


治療のため再度捕獲します。



20200131_12.jpg



どの子がお母さんか、子どもか


見分けがつかない(°_°)


20200131_11.jpg




そしてもう1頭










20200131_1.jpg



捕獲器でおでこ怪我して、笑


20200131_2.jpg





今はこんな感じ


20200131_14.jpg



似てるw



ほら






20200131_15.jpg











そして、新人君?かな…



20200131_10.jpg




盆地よりもずっと寒いだろうけど

もう少し、


もう少しで春が来る…











ご寄付、イベント参加時のご協力、預かりボランティアさん

搬送・手術時のサポーターさん等を募集しています。

>>公式WEBサイトよりお尋ねください。

そして、物資もいつもぎりぎりです。
>>Amazonより直接送っていただけます。
どうぞよろしくお願いいたします。


コメント覧は閉じています。

お問い合わせ等は、>>公式WEBサイト
よりお願いいたします。



K