FC2ブログ

山梨のらねこ診療所開院!

07-15,2020

公式WEBサイトへ
このアイコンより公式WEBサイトへ飛びます。


山梨のらねこ診療所 8月12日 開院!


ノーモアアーリーキャッツが運営する

飼い主のいない猫たちの

不妊手術に特化した診療所が

いよいよ開院します。




お問い合わせは

公式サイトのお問い合わせフォームへ


手術のお申込みは

公式サイト特設ページのお申込みフォームへ

お願いします。

*合意書2枚にサインをいただきます。







noraneko_logo.jpg


K





メンバー、募集しています。

できることで、ご協力ください。

どんな作業があるのか説明しますので

>>公式WEBサイトよりお尋ねください。

物資もいつもぎりぎりです。
>>Amazonより直接送っていただけます。
どうぞよろしくお願いいたします。


スパム対策のため、コメント覧は閉じています。

お問い合わせ等は、>>公式WEBサイト
よりお願いいたします。




tw.png
たまにつぶやきます。
スポンサーサイト



びしょ濡れの親子が…

07-06,2020

公式WEBサイトへ
このアイコンより公式WEBサイトへ飛びます。



「びしょ濡れの親子がいる(つД`)ノ」

いつも協力してくださる個人ボラのSさんから

緊急連絡が回ってきたのが6月30日火曜日。


20200704_7.jpg


たまたま近くの依頼者さん宅にいたメンバーが、

急行することに。。


20200704_6.jpg


「雨の中、子猫大丈夫かなぁ」

と考えながら運転していたら


20200704_5.jpg


つい、うっかり左折車線に入ってしまい

時間ロスしてしまったり…

(。-_-。)


20200704_14.jpg

現場は住宅街で、

道を挟んで商業施設がいくつもある場所。

『こういうところは餌やりさんがいるんだよね…』


20200704_13.jpg

別の個人ボラEさんも捕獲器持って

向かってくれて、現場で合流。

20200704_10.jpg


広い駐車場の周りは草むらがぐるっと。


梅雨時期らしく背丈も伸び、ちょっとした雨なら


こういうところに隠れますよね、猫。

20200704_15.jpg


″猫は濡れるのがきらい″とはいっても、

外で暮らす猫は、ちょっとの雨なら

我慢してごはんを待ちます。

20200704_16.jpg


Sさん、早々にあちこちのお店に

聞き込みに行ってくださってあって

その手際のよさに脱帽しつつ

人数集めて計画たてようということになり


20200704_3.jpg


協力者さんに声をかけ

日曜日午後集合することになりました。

20200704_4.jpg


総勢6人!で、施設の周囲を歩き

協力体制を確認し、解散。。




のつもりが


20200704_11.jpg


みんなで猫談義となり、輪になって話し込んでいるうち

時間も忘れ…


(´∀`*;)ゞ


20200704_12.jpg


ここは、そこそこの敷地面積のあるショッピングモール


20200704_2.jpg

一致団結でいきましょう。



*使用写真は猫に危害が及ばないよう
直接記事と関係ないものもあります。


K





メンバー、募集しています。

できることで、ご協力ください。

どんな作業があるのか説明しますので

>>公式WEBサイトよりお尋ねください。

物資もいつもぎりぎりです。
>>Amazonより直接送っていただけます。
どうぞよろしくお願いいたします。


スパム対策のため、コメント覧は閉じています。

お問い合わせ等は、>>公式WEBサイト
よりお願いいたします。




tw.png
たまにつぶやきます。

日進月歩と旧態依然

06-17,2020

公式WEBサイトへこのアイコンより公式WEBサイトへ飛びます。


現場では、TNRやさくらねこという言葉は知らなくても

耳にカットがあると、それが不妊手術のしるしであることを

「知っている」人がちらほら増えてきたように思います。


20200617_17.jpg



「右耳のカットがオスで、左耳のカットがメスなんですよ。」

と話すと

「なるほど~」と返ってくることが多いです。

これは、日進月歩。


20200617_14.jpg


近隣を聞き込みすると

「かわいそうだから、えさをやっている」

という人もいます。

ただ、こっそり餌やりしているほとんどです。

「餌をやってはいけない」


20200617_13.jpg



と刷り込まれているんですよね。

これは、旧態依然。



20200617_6.jpg


ただ、そういった餌やりさんたちのおかげで

なんとか生きている猫たちがいるのも事実です。


20200617_12.jpg


猫関連ブログですから、猫中心になりますが

生き物ですから、食べなければ死にます。

餓死します。


20200617_11.jpg


「餌をやってはいけない」

という条例は、猫たちに餓死しろ、

と言っているということになります。


20200617_10.jpg


一方で命を大切にと言い

一方で餓死していいとは、なんという矛盾。


20200617_9.jpg


餌やりの方法が正しくない場合もあります。

もちろん、猫を目の前にして

お皿にあけたごはんを食べさせ、

終わったら片づける、それが理想。

20200617_8.jpg


ただ、猫の立場に立つと

その地域の猫たち全員が仲がいいわけではなく

猫ぎらいな猫も、立場が弱い猫もいます。


20200617_7.jpg


もしかしたら、

その日たったひと粒のドライフードを

食べられない猫もいることになってしまう…


20200617_4.jpg


だから、置き餌もしなくてはならないこともあって

なかなか理想どおりにはいきません。


20200617_3.jpg



条例違反の餌やりで、なんとか生きている猫がいるということです。

地域猫活動は、まだまだ道半ば、

認知には時間がかかります。


20200617_2.jpg


私たちボランティアは、辛い思いもたくさん経験して

だから、猫のためにできることを少しでも多く…と活動していますが

現状では猫の数が多すぎて、

ほとんどのところへ手が回らないのが現実です。


20200617_1.jpg


ネット上では、毎日のように

虐待死や殺処分の情報が流れてきます。

泣いている暇はない、です。


*猫への餌やりは法律違反ではありません。

外猫も愛護動物>>

禁止している場合の多くは自治体の条例等によるものです。

*この記事内の写真は内容と関係ありません。




K





メンバー・準メンバー、募集しています。

できることで、ご協力ください。

どんな作業があるのか説明しますので

>>公式WEBサイトよりお尋ねください。

物資もいつもぎりぎりです。
>>Amazonより直接送っていただけます。
どうぞよろしくお願いいたします。


スパム対策のため、コメント覧は閉じています。

お問い合わせ等は、>>公式WEBサイト
よりお願いいたします。



いただいた物資は>>こちらへお礼かたがた掲載しています。


tw.png
たまにつぶやきます。

梅雨入り前のTNR

06-11,2020

公式WEBサイトへこのアイコンより公式WEBサイトへ飛びます。


前回の記事の現場>> の続きです。

残り頭数はそれほど多くはない現場ですが、


20200611_1.jpg

↑前回、警戒心MAXで、捕獲できなかった黒猫さん。


近隣を聞き込みした結果、

20200611_2.jpg


数人の餌やりさんがいることがわかりました。


多くの方に心配してもらっていることも


とてもありがたかったです。



集合住宅の各戸へあらためて


TNR実施のお知らせのポスティングをし


20200611_13.jpg


2度目の実施です。


公式サイトのメールフォームから


2日目の午前、Sさんとおっしゃる方から


「いつも朝散歩している場所だが、

檻に入った猫がいて、

暑くなるのでかわいそうで連絡した」



20200611_6.jpg


旨のメッセージが届きました。


20200611_5.jpg

捕獲器内の餌にナメクジやアリが集まるので釣り餌にして実験(笑)


捕獲器を設置する場合必ず放置せず、


依頼者さんや近隣に住む支援者の方に


ときどき様子を見に行ってもらうようにしているのですが、


20200611_7.jpg


Sさんとは入れ違いだったようで


さっそく電話をしてお礼かたがた、


いろいろお話を伺いました。


20200611_10.jpg
↑この柵の奥に子猫とお母さんがいるという情報が


捕獲器に付けてあった、”ご協力のお願い”を遠目で見て


20200611_9.jpg


帰宅後、名称をたよりに検索して、


メッセージを送ってくださったとのことでした。


20200611_11.jpg
↑この黒白の子や


気温が上がる中、猫のことを心配しての行動に感謝を伝えました。


20200611_12.jpg
↑この茶トラくんは、次の次のターゲット予定です。

継続する可能性の高い現場なので、


次回はぜひご協力をお願いしたいという


申し出にも快諾をいただきました。



20200611_8.jpg


そして、最近この時期からあちこちで見かけるこの黄色い元気な花↑。

なんだかご存知ですか?

以下、直接猫と関係ないのでご興味ない方はスルーしてください。


かつて、花を勉強したことがあるので

とても気になっていたのですが

この花、、実は

特定外来生物 オオキンケイギク


北アメリカ原産の宿根草

強すぎる繁殖力のせいで、

日本在来の種が駆逐される事態になり、

特定外来生物に指定。

根っこから抜かれて干されても2・3日は枯れないとか。

ガーデニングやワイルドフラワーとして

重宝された時期もあるらしいですが

品種改良等も行われ、緑化に使用されていたらしい。

ブラックバスとか、アライグマとか

外来種として駆除する向きもあったりして

結局人が持ち込んでるのに勝手なものです。

特定外来生物は、栽培、販売、譲渡、輸出入が禁止されるとか。

「在来種の生態系を壊すから駆除する」

という言い訳も詭弁にしか聞こえない。

自分の領地?を荒らされることが怖いんでしょうね。

そうとしか思えない。

本来黄色い花は強いんです。

もっともっと増えるでしょうね。

増えると嫌われるのは猫も一緒。

そういえば以前、外猫駆除推奨する獣医師の話を思い出しました。

「外猫はすべて外来種だから要らない」

そうです。

すずめが減ったのは外猫のせいだ、と。

いや、すずめが減ったのは、

家屋の有り様が変わって、軒下がなくなったからです。

日本においては。

20年で世界中で6割も減っているすずめ。

環境汚染からストレスで免疫が低下し、

少子化が進んでいるせい、

ととある鳥類研究所も

調査結果を発表しています。

奄美の猫駆除の件も同様です。

猫が目の敵にされているとしか思えません。

反対運動、署名活動、かなりの数になるのに。



一度決められたこと、予算がついた事業を返すのは至難ですね。




いろいろ考えさせられます。



K





メンバー・準メンバー、募集しています。

できることで、ご協力ください。

どんな作業があるのか説明しますので

>>公式WEBサイトよりお尋ねください。

物資もいつもぎりぎりです。
>>Amazonより直接送っていただけます。
どうぞよろしくお願いいたします。


スパム対策のため、コメント覧は閉じています。

お問い合わせ等は、>>公式WEBサイト
よりお願いいたします。



いただいた物資は>>こちらへお礼かたがた掲載しています。


tw.png
たまにつぶやきます。

ときどき雨の中の5か所のTNR

06-01,2020

公式WEBサイトへこのアイコンより公式WEBサイトへ飛びます。

前回の記事>>

視察に行った現場のTNRが終了しました。

以前TNRに入ったときにリリースしたさくらねこちゃんに会ったので

20200601_1.jpg

〇ーバをあげたら、

20200601_2.jpg


少し警戒してからたいらげました。

20200601_3.jpg


元気そうでよかったです。

(*^_^*)


この日のTNRの現場はほかに県内4か所ありましたが

すべて取材できないので、

この現場の象徴的だったことなど記します。

私たちがずっと現場に張り付いていられないので

どの現場も、依頼者さんや現場近くの支援者さんのご協力が必要になりますが

今回も捕獲器設置時から回収までお付き合いいただきました。

20200601_4.jpg


猫の移動範囲・テリトリーから考えると

移動十分な広さのところに2か所、

土手と集合住宅の敷地に3日間、計9台を設置。

20200601_6.jpg


空模様があやしくて、予定を早めたりしながら実行。


20200601_7.jpg


豆大福みたいな子もさくらねこになりました。

20200601_12.jpg


集合住宅の方は、事前に管理会社と大家さんに許可をとり

掲示板にもTNR実施のお知らせを貼りました。

20200601_7.jpg


が、やはり徹底がむずかしく、

20200601_8.jpg


せっかく捕獲器に猫ちゃん入ったのに、



かわいそうに思うのか出されてしまうようで

けっこう難儀しました。

20200601_10.jpg


視察時、4人で

20200601_9.jpg

「あのサビの子、子猫?」

「小さいよね?」

「なんかおなか出てるっぽい?」

と会話した子は、出産後でした。



こちらの子もおそらく6か月くらいの子で

20200601_11.jpg


結果案の定、堕胎となりました。

子猫だと思い込んでいても

4か月で発情、6か月で出産は当たり前

と認識するべきです。

残り5・6頭いますから

TNR実施のお知らせをもっと徹底することを課題に

次回は、6月この現場に入ります。

雨、心配ですけど。。









メンバー・準メンバー、募集しています。

できることで、ご協力ください。

どんな作業があるのか説明しますので

>>公式WEBサイトよりお尋ねください。

物資もいつもぎりぎりです。
>>Amazonより直接送っていただけます。
どうぞよろしくお願いいたします。


スパム対策のため、コメント覧は閉じています。

お問い合わせ等は、>>公式WEBサイト
よりお願いいたします。



いただいた物資は>>こちらへお礼かたがた掲載しています。


tw.png
たまにつぶやきます。


K