里親募集中の子猫たちと、地域猫活動

春からの子猫パニックを今も引きずっています。。
本当の子猫パニックって6月ですよね。
活動的になってきて、鳴くようになってきて、母猫が連れ立って移動したりして。。。
はぁぁぁぁ~~

私たちは個人依頼の子猫の保護はしていません。
保護場所もありません。
保護・譲渡の活動をメインでしてしまうと、地域猫活動ができなくなります。
地域猫活動を広めて定着させていかないと、その土地はまた子猫の問題が繰り返されます。
来年も同じ問題に悩まされ、近隣トラブルがあったり、可哀そうな命が増えることになる。

でも、どうしてもTNR地域猫をする現場で子猫を連れて帰らねばならない状況になる場所もあります。
虐待、遺棄、病気、けが。。。
そういう訳アリの子猫たち、一生懸命つないで、医療を受けて、検査をして、

ただいま絶賛里親さん募集中~~!!
IMG_3637.jpg
にゃんこシューターのsuginyan に撮ってもらいました。みんな可愛いです。
グレーの子は、心不全で亡くなってしまいました。。
猫との生活をしたいなあ、という方、是非、家族に迎えてあげてください。

特に、一番上の真ん中のハチワレの「ごんぞう」なんて、走行中の車の窓から袋に入れて落とされて、パン屋さんのデッキ下に隠れてしまい、夜までの捕獲劇で保護された、ラッキーボーイです(ますだおかだのアレみたいな感じでご唱和ください ラッキーボーイ!!)。生命力の強いフェニックスみたいなやつなので、是非!!


今、医療を受けている子たちも
IMG_3629.jpg

IMG_3630.jpg

IMG_3631.jpg

頑張ってます。
数奇な運命をたどってきたこの子たちを、愛情で包んであげてほしいです。


さて、とんと姿を見せなかった地域猫の寅次郎さん、2週間ちょっとぶりに激やせして登場しました。
IMG_3632.jpg
名前の通り、フーテンですが、
どうやら、また、どこかに、閉じ込められちゃっていたんじゃないかと思います。。農機具入れの中で昼寝とかしてるので、きっとそのままだったのかな、、、、懲りない人です。

今までで捕獲して搬送した猫の中で一番のワルでした↓
IMG_3633.jpg
捕獲器への頭突き攻撃半端なく、、、沼澤邪鬼みたいなレスラー、、ち、違った、、猫でした。

この現場の捕獲は今週で3度目になりますが、
最後の二匹がなかなか捕獲できません。三原じゅん子似の熟女ミケと、上沼恵美子似のキジ白熟女。
明日、再度挑戦です。

ほら、馬鹿にされてます
IMG_3636.jpg

ま、その後、この子も捕獲しましたけどね。。
IMG_3635.jpg

明日は取りこぼしを中心に配備。
IMG_3638.jpg


先日、トライアルに行った あっきー が正式譲渡となりました。
IMG_3634.jpg
壁の中で生まれて育った子猫たちの中の1匹でした。
家族ができて、愛される存在になれて、本当に良かったね。
今、家族を待っている子たちにも、家族ができますように。

お問合せは
NO MORE ALLEY CATS
055-267-6166まで



スポンサーサイト

5月のTNR活動

早いもので明日から6月です。
あっという間です。

5月はどうぶつ基金さんから24枚のチケットを交付していただいたので、予定していた場所のTNRに使用いたしました。

笛吹市
IMG_3114.jpg

IMG_3145.jpg

IMG_3146.jpg

IMG_3154.jpg

IMG_3156.jpg

IMG_3160.jpg

IMG_3161.jpg


甲斐市
IMG_3124.jpg

甲府市
IMG_3162.jpg

市役所の職員さんも現場に立ち会いしてくださったり、協働での活動ができている場所もあります。
また、市民が頑張ってくださっているグループもあったり、
個人で活動してくださっている場所もあります。

相談や、アドバイス、ボランティア間の情報共有などたくさんの出会いがあった5月でした。

5.21日曜日は昇仙峡フェスに出店いたします。

こんにちは、毎日仔猫の遺棄ばかりが続き、
心が痛いです。
棄てた人は、何も心は痛めてないでしょうね。目の前からいなくなり、せいせいしたはず。

遺棄は犯罪です。防犯カメラにもしっかり映っています。

病院前に遺棄するなんて、確信犯ですので。対策ばっちりさせてもらいます。

IMG_2737.jpg

IMG_2608.jpg

IMG_2603.jpg



気をとりなして。。。

きたる5月21日 日曜日ですが、
「昇仙峡フェス」にNO MORE ALLEY CATSも出店いたします~。

IMG_2476.jpg

IMG_2477.jpg

会場:400-0083 甲府市平瀬町3207 すがはら屋駐車場
OPEN 10:00--16:00 CLOSE


チャリティグッズ販売いたします。売上金はすべて活動支援金とさせていただきます。
人気の猫尻―ズ  マグネットとブローチがあります。
IMG_2706.jpg

そのほかにも駄菓子の袋販売や、支援者様から寄付いただきましたハンドメイド作品など、お持ちいたします。
ご家族、ご近所、お友達お誘いあわせの上、遊びにいらしてくださいね。
新緑が気持ち良いこと間違いありません!

すくすく。

以前、山梨県庁TNRの際に、取りこぼしの妊娠猫と確定し、急いで捕獲をしたかわい子ちゃんは、
ただのちょっとお腹のぷにぷにした男の子で、でも、可愛くておとなしい子だったので、
里親希望者さんにお話しをしたところ、すぐに引き取ってくださったのですが、

元気な写真が横浜から届きました!
IMG_2468.jpg
ビビくん、とってもかわいいです。
IMG_2469.jpg
大事にされてるんですね~。嬉しいなあ~。。


さて、当グループで里親さん探し中のベビにゃんたちですよ~。
共通点は、すべて壁の中にいた子たち!!です。。。

キジトラくん。やんちゃそうな顔してますね~
「オラ~~!はなさんかい~~!」
IMG_2475.jpg

牛柄
私的に好きなタイプです。可愛いな~。
IMG_2470.jpg

ボケボケ黒ちゃん
もう固まるしかありませんね。。。。
チーンってなってます。
IMG_2472.jpg

そして、こちらも某牛丼屋の壁から来た子たち。

ピンぼけ・・・・
IMG_2473.jpg
保護してるAちゃん、老眼なんですかね。。。。ピンボケですわ。


みんな家族ができるといいなあ~。

お問合せ、お見合い希望はこちら→055-267-6166(益田)
よろしくお願いいたします!


今朝は、すごく悲しいというか、残念だなと思うことがあって。
色んなところを通じてTNR依頼のあった現場だったのですが、考えが合わず
結局ご協力することができないという結果に終わったのですが、
それはそれで様々な人がいるので仕方ないと思いますし、
私たちの活動理念もありますので、意見の相違によって、まとまらないこともあります。
でも、また違った支援や協力ができれば良いと思うし、そこでハイ、サヨナラという風にはなれません。
長い人生の中、何か絶対お互い力を合わせなければならない場面にぶち当たるかもしれませんので、
去勢や避妊をめぐる理解の違いはあれど、その人自身を否定することはしません。人として理解したい部分がありますから。

その現場で、猫ちゃんが亡くなっていたそうです。
飼い猫じゃないので、お外にいた子だそうです。
毒殺されてると思います。今回かかわった人を疑わざるを得ません。警察にも通報しました。とありました。

そうか、私、疑われてるんだ、と。。。気づくまでにちょっと時間かかって。

なんかもう、言葉も出なくて。

でも、本当に毒殺なのか、どうなのか、獣医さんに遺体を見てもらわないと分からないし、どうであれば、毒餌を探さねば被害は拡大します。
今の時期、除草剤を散布するので、外にいる子は脚の裏についた除草剤をグルーミングで口にいれるかもしれないし、
スズランを食べてしまったり、チューリップも葉だけ食べても死に至るので、本当に真実を見つけない限り、
うかつなことは言えません。
周囲の人でそれをしているのであれば、今、外にいる野良猫たちも室内にいれてあげるしかありません。
飼ってあげて、室内にいれば、そんなことにならなかったかもしれない。
そういう状況を作ってしまっているのは、その人たちなのに、それが分からない。。
いつも犠牲になるのは、動物です。

ほんとに、残念です。

ありがとうゲンさん。

以前、甲府市の多頭の現場でのTNRの際に、捕獲したメス猫が出産直後でした。
どこかに産んだ子猫がいるに違いないと、メンバーのDさんとⅯさんが茂みから見つけた子猫が、
のちのゲンさんです。

保護直後
IMG_2412.jpg

母猫は不妊手術をし、ゲンさんは保護。医療を施して里親募集をしましたが、良縁に恵まれず。。
IMG_2411.jpg

ずっとリーダーのⅯさんが保護していました。一番小さな体だったのに、ご飯の時間はシャーシャー言って他の猫を餌皿に近づけず、やんちゃっぷりを発揮してくれました。
しかし、なかなか体重の増えないゲンごろう(フルネーム)を心配して色んな検査をしたところ、心疾患か。セカンドオピニオンではFIP発症寸前の数値と診断され、
とにかく免疫力をつけるような食事に切り替えました。診断当時はもう何日も持たないという状態でしたが、
その後、みるみる回復傾向に。
寝たきりだったのが、カリカリを食べたり、自力でトイレに行くこともでき、階段を小走りで上るまでになりました。
保護していたリーダーMさんも、その話を聞いてきたメンバー全員も、ゲンさんの起こした奇跡に、勇気と希望をもらったのです。

小さな体でよく頑張っていました。Mさんのあとをヨチヨチ追って、肩に乗って、
本当にMさんのことが大好きだったんだと思います。
おうちは探せなかったけど、ゲンさんにとってMさんはお母さんだったのだと思います。

IMG_9954.jpg

IMG_9956.jpg

IMG_9958.jpg

IMG_9962.jpg


本当によく頑張ったゲンさん。
5月9日の夜、Mさんが仕事から帰るのを待って、天国へいきました。
でも、これからはずっと一緒にいるんだと思います。
時間のない中、献身的な看護をしてくれたMさんも、Aっきーも、よく頑張ったと思います。

まだまだ悲しみは癒えませんが、Mさんは昨日からまたTNRに出動。
忙しいことだらけで、しっかり悲しむ時間も持てないのが現実です。
猫神さまがそうしてるのでしょうね。

そして、山梨県庁で保護した黒猫の黒ちゃん。優しい里親さんの元へ行くことができましたが、
捕獲後に横隔膜ヘルニアと判明し、手術は受けずに自然の命の長さの中で、たくさん可愛がってもらいましたが、
昨日、天国へ旅立ちました。
里親さんとべったりで、本当に幸せな時間だったと思います。
1人きりで県庁で亡くならなくてよかった。


保護した子には、その頭数分だけストーリーがあります。
今もこうしている最中にも、誰にも助けてもらえない命が増えているのかと思うと複雑な気持ちになります。
生まれた子が、みんながみんな幸せになるわけじゃないから。
すべてに責任が持てないのなら、産ませない選択をしなければなりません。

猫にとって、人間は神にも悪魔にもなる存在。それを忘れてはいけません。

プロフィール

ハチワレ助六

Author:ハチワレ助六
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
プロフィール

ハチワレ助六

Author:ハチワレ助六
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR